FC2ブログ

R5 6月三宅町議会の報告(初日)

6月9日、令和5年度三宅町議会 第2回定例会(6月議会)が開かれました。
議会は、6月9日(初日)、6月12日(委員会)、6月19日(最終日)
の予定です。

議会開催が告げられ、主な議案は委員会に送られて、その後一般質問(6名)が行われました。

以下、私の一般質問関連を記します。
(私自身のとらえ方でまとめています、正式には会議録やYoutube動画をご参照ください。)

私の一般質問は3件です。

①選挙公報の話
(質問の主旨)
 3年前の町長選挙の後、一般質問で、選挙公報(立候補者が一同に政策を述べた公の資料)の必要性を説いた。今回、近隣町村で供託金制度導入に合わせて公報を出すところも出てきたが、三宅町では導入されなかった。どのような検討のプロセスを踏んで出さないと決めたのか?

(選管事務局回答)
 3年前、質問を受けた後、選挙管理委員会で検討し、「実施すべき」との結論に達したが、本年の1月に議会と協議して見送ることとした。

(再質問等)
議員全員に公の場で諮られたものではないと思うが、その時の資料、記録は出せるか?
いずれにせよ、選挙管理委員会は、中立、いわば独立の組織。組織として答申をあげるべき。もし、議会が賛同しなかったというのが事実であるならば、深堀が必要なので、あらためて選管が「実施すべき」と結論づけた資料と会議結果を提出していただきたい。なければ再度調査して資料を作成していただきたい。来年に町長選挙があるので、それに間に合うように選挙公報の実施をお願いしたい。(選管からは「検討する」との回答)
 
②事例分析の話
(質問の主旨)
 5月の臨時会で承認した「著作権侵害の和解」などに関連して、本庁での失敗事例の分析の状況を問う。
(町長回答)
 担当課内で分析の後、弁護士の支援を受け、事務手続きや(庁内の)構造的な欠陥を解析した。
(再質問等)
 失敗事例は貴重なもの。そこから少しでも多くの学びを得るためには、より広く、深く分析して学び合う必要がある。担当課内だけでなく、異なる部門でも広く分析会が行われたか? 関連する、連想する事象をどこまで深堀できたか、が大切。
本件の場合、担当者と上司の間の日々のコミュニケーションや報告のしくみを話し合うことや、そもそも法的な事への対処法(顧問弁護士でなく職員として有資格者を採用するなど)の議論が考えられる。 参考にしていただきたい。

③県立大の話 <質問全文と、同様の内容を山下知事に宛てた要望を以下に添付します。>
(質問の要旨)
 県立工科大学の設置を「我が事」ととらえて、知事の言う「工学部は既にある」「磯城郡は他県から人を呼ぶには不便」という主張を吟味する必要がある。町長はどう考えるか?
(町長の回答)
 知事はハコモノ行政の見直しを掲げて選挙に勝利した。三宅町民も奈良県民。知事が得た民意を否定はできない。今後、町民の理解を得ながら、冷静に注視して見直しの議論にも応じてゆく必要がある。
(再質問等)
 県の事業だからと言って注視するのではなく、それを決めるのは住民である事、住民に一番近いのは基礎自治体、この場合は三宅町である事を認識して、県との協議、対話に臨んでいただきたい。知事選挙で勝利したからといって県民が全権を委任しているわけではない。
 もう一点。費用対効果という言葉がよく使われるが注意が必要。費用にしても効果にしても、ある前提条件の上で算出しているものであり万全ではない。それに全てを委ねることなく、その事業の必要性を中心に政策を判断するが、費用対効果も参考にする程度で考える必要があると考えます。ご参考まで。

所感)
 ①②。 選挙公報は来年の町長選には実施されることになると思う。これは一つの進展。
事例分析や、業務の日々の記録やコミュニケーションなどは事あるごとに声をあげるしかないと思っている。

 ③。 これまで再三、三宅町として県立大学をどうとらえてどう活用してゆくのかを問うてきたが、「大学自体は県の事業。町は土地集約や周辺整備でお手伝いする。」といった姿勢だった。この期に及んでも同じ姿勢。基本的な姿勢として、町民の意思を伝えるのではなく、県の意思を町民に説明する、という印象を受けた。
そもそも町長にとって県立大は、みずから進んで是非ともやりたい事業というわけでは無かったのかもしれないと思ったのは私だけだろうか?

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

山下新知事(奈良県)の就任記者会見を見て(3)

さらに続いて、

1.山下新知事の記者会見を見ての山下評

2.県立工科大学のこと

3.大和平野中央プロジェクト見直しの観点

の3つめです。


大和平野中央プロジェクトの見直し

山下新知事は、磯城郡3町の大和平野中央プロジェクトの見直しのため、地元との協議を開始するとしています。


見直しするとして、以下の2つの観点から、山下新知事は地元と協議していただきたい。


①大学を作るという事自体の意義

 私は、今更、スタンフォード、日本のシリコンバレーは無理だし、大学生を集めることだけでもしんどいだろうと思っています。

 可能性があるのは、リカレント(学びなおしの)教育。

 一旦働いた後、学びなおそうとする者を対象にして、もちろん授業料無償で門戸を開く。(生活費も保障しても良いぐらい)

現在の、教育期間をおよそ20代までとしてその後は働くというのは、一旦職についたらその道をきわめるといった社会には有効だったと思うが、変化のめまぐるしい社会には適合しない。

生涯教育で、学んで働いて、また学んで働いて、が有効。

20歳そこそこの人間に起業しろというのもまたしんどい話。

リカレント教育の体制を早く作ったところが競争に生き残れるといっても過言ではない。 

また、子どもを持って思ったことですが、今の一本道の就学のレールでは、東大寺や西大和などのいわゆるお利口さんを社会の主戦力として扱う。

彼らは、年齢なりにソツなく理解も早く、物事もこなす。

一方で、一つ事にこだわりを持って考え込むような子は、そのルートには乗れない。

遅咲き才能を開花させるような子には、今の進学ルートは厳しい。

これらの人材を、日本の人的潜在能力として発掘してゆくことは有効。

日本は、学びの期間と働く期間が結構明確に分かれている。

もっと、一旦働いてから学びなおす、や、自身の成長に合わせて学びを行なうこと、は上の点からだけでなく、子どもの育ち、生きやすさ、の観点からも重要だと思う。

学びのレールが一本道なのは、子どもにとって窮屈だし、社会にとっても有用ではない。


②大和平野中央部をこれからどうしてゆくのか? (目指す奈良)

記者会見の端々で感じられたのは、山下新知事にとって奈良は、奈良市であり生駒市であるのではないかという懸念。

関西広域連合に則加入。 

今や高校、大学は関西広域で考えるべき。

大和平野中央では、大阪や京都から人を呼ぶには地理的に不適。

教育(授業料無償などの事だと思う)を、せめて京都や大阪並にする。

奈良や生駒は、大阪の商圏としてベットタウンとして、大阪に近い暮らしをさせる、というか、関西圏全体で考える。

中南和部は、別の生き方をしてもらう。という風に思っているのだろうか?

農業は重要、とか言っているが、真剣に奈良で農業で生きてゆけるようにする気があるのかどうか?

 

日本の構造問題にかかわるところだが、県民に広く付託された者であるならば何か絵を描くべき。

中南和の各市部をもっと自立的な永住圏にする方策は必要で、大和平野中央部にも何かの売りを作ることは、費用対効果を越えた話であると思う。



腹をくくって、日本の再建のために、リカレント教育中心の大学をこの大和平野中央部に作ることに賭けてみませんか、山下知事!




テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

山下新知事(奈良県)の就任記者会見を見て(2)

前回に続けて、
1.山下新知事の記者会見を見ての山下評
2.県立工科大学のこと
3.大和平野中央プロジェクト見直しの観点
のうち、今回は、
2.県立工科大学のこと です。

執行停止は残念なことですが、そもそも、
三宅町は「大学設置は県が決めること、県のやること。」
と、ずっと、みずからが主体的な立場になることを避けてきました。

かく言う私も、
「大学が出来るなら(県が大学を設置してくれるなら)こうしてほしい」
というコバンザメ的な参画だったように思います。

今、ここにきて、我が身に、このタイミングでこの地に大学を設置して
日本のシリコンバレーを目指せと指令が下った場合、果たして何人の人が
それを前向きにとらえることができるかどうか?

「費用対効果」なんて打ちだしたら、なおさらの事。

荒井元知事の時、県立大学工学部系を作る話の背景もオープンではありませんが、私は、以下のように想像します。
大きく2点。

①荒井元知事の奈良好き。
 広域連合には入らない。(自分の好きなことができないから。)
 日頃から奈良が大阪のベッドタウンでしか無い事が悔しくてたまらない。
 「奈良モデル」とか言ったりして、なんか奈良をアピールしたい。
 東大、京大はさておき、普通の大学でも県外に若者が出ていって、向こうで就職して帰ってこない。
 暮らしや子育てに投資しても、その投資を受けた子らが都会に出て行って、そっちで貢献する。
 奈良はソンしている。 なんとかならないか。
 そうだ、大学を作って、そこで起業するというルートを作ろう。(そんな簡単な事でないことは承知の上)

②荒井元知事にとっては、奈良・生駒より中南和
 北部ではなぜか人気が無い。それに比べて首長を押さえている中南和は、かわいい。
 ちょっと何かを作ってやったら、すぐ言うことを聞く。中南和で王様気分に浸れる。
 空白地帯の大和平野中央部に何か作ってやろう。
 一つは大学として、他の2町にも何か適当なものを。

山下新知事にとっては、こんな思いつきのような政策、続けるわけにはゆかない、のはまっとうな話。

しかし、奈良を一地方都市として、住みがいのある所にするには、大変であっても大学の設置は一つの手であることも確かだと思う。
やるからには、かなりの覚悟も必要。


テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

山下新知事(奈良県)の就任記者会見を見て

大和平野中央プロジェクトの予算執行の見送りなどもあり、お話ししたいことがいっぱいです。

1.山下新知事の記者会見を見ての山下評

2.県立工科大学のこと

3.大和平野中央プロジェクト見直しの観点

の3つに分けて記したいと思います。

今回は、
1.山下新知事の記者会見を見ての山下評

初登庁記者会見で山下新知事は、
1.住民目線
2.情報公開
3.公正な行政執行
4.費用対効果(住民のお金なんだから、最小で最大の効果をあげるようにする)
といった事を述べていたように思います。

「維新」というレッテルを貼ることなく、素直に可能性を感じました。
住民目線で、情報公開を進め、公正な行政を示し、効果の最大化を図る。皆の望むものでしょう。
特に1~3。
これまで荒井県政に(改善を)望むこととして、「一方的、住民のほうを向いていない、住民の声をきかない」
がありました。
それらの改善が望める可能性を感じます。

ただ、1~3は良いのですが、4で少しひっかかりました。
「費用対効果」当然のような言葉ですが注意が必要な言葉です。

ここで言う費用や効果はどのように数値化するのか?
企業経営では、決められた期間にOUTPUTを金銭換算して、費用と効果を出します。
この、「お金に換算する」「期間を区切る」で、それぞれに見誤りを生む可能性があります。
さらに、種類の違う事業、たとえば福祉と土木、これをお金の大小で判断することも本質を見誤ることになります。

まず、効果面では、「目指す社会が何か?」を定めて、それに向かう効果を算定する必要があります。
選択の材料として費用対効果を出してくる場合は、目指す社会が異なる者同士が、政策の取捨選択を判断する際に、効果(額)で判断しようとする場合が多いように思います。

効果の判断が、目指す社会にどれだけ貢献するかとなった場合、それにかかる費用の多寡はさほど重要でなくなる事もあり得るでしょう。

そういう意味で、山下新知事には、
「今の奈良県、日本にどういう問題があって、どういう社会を目指したいのか、その中で、奈良県という単位で出来る、近づけることができる事は何か」
を語り、それに基づいた予算執行の見直しを図ったいただきたいと思います。

オープンで公正な行政、には期待します。
もし、大阪維新と裏で手を握っている(政治判断?)ことがあるならば、それもオープンにするのか、出来るのか?
山下新知事の目指す社会に、カジノや万博があるのか?
今の経済のしくみのまま、広域連合に入ることで、奈良は幸せになれるのか?
どういった社会を目指すのか?

もう一個気になったのは「視点の狭さ」
無理な注文かもしれないが、
①「奈良県=奈良市、生駒市」(自分の生活圏)を越えれていない。
②基本エリート。庶民目線に? 大学なんか京大に行けばよい、みたいな感覚が残っている。

知事になったら、視点もチェンジしてくれるかなと期待していたのだが。
今後、住民との対話を重ねて、広く大きな人になっていってくれるものと期待しています。
(あくまでも、一個人の記者会見を見た感想です。)

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

2023年(令和5年)再選

令和5年4月に三宅町議会議員選挙(18日告示、23日投票)があり再選。
4月24日に役場にて当選証書をいただいてまいりました。
みなさまのご支援に感謝し、初心に立ち返り「ずっと住みたい町」を目指します。

23_syousyo.jpg23_result.jpg

前回が無投票で、その前が補欠選挙(4名立候補で2名当選)であったことから、ある意味初めての選挙。
きびしい選挙戦の中で多くの体験、学びがありました。
人はひとりで生きているのではない。
これまで育ててくれた両親をはじめ、この町、この環境、今までかかわりを持った全ての方々に感謝。
おのずと自分がこれから何をしなければならないのかが見えてくる。
そういえば7年前の選挙の後にもこの感覚があった。
そして少しずつそれが薄れてきた。
初心に返れ、松本!

23_board.jpg

23_start.jpg


3月末から約1ヶ月の間、時(議員活動)が止まっていましたが、今週からリスタート(3期目)。
選挙戦でお聞かせいただけた問題(静かな選挙、高齢者支援、県立大学、意見交換会、などなど)。
声を聞くことの大切さ、聞きに行く、話しやすい関係を作る。。。。。
やっぱり選挙は大切。



テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河613

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる