FC2ブログ

H30年6月議会の報告(一般質問:石見駅)

6月11日に三宅町議会、第二回定例会が開催されました。
今回は、委員会に付託するほどの議案が無く、本会議1日開催のみの議会です。

議案等は、ここに掲載されていますので、御参照ください。

内容的には、人事異動に伴う補正予算、条例の改正(駐輪場地番の変更、上位法改正に伴なう町税変更)などといったものになります。

なお、今回は、一般質問が7名の方から行われました。
この内容は、上の議案等には含まれませんが、後に掲載される会議録に示されることになります。

私は、「近鉄石見駅周辺整備について」質問しました。

 質問の主旨は、
今年度で近鉄石見駅周辺整備事業が終わるわけだが、石見駅前整備は、町の都市計画マスタープランにも、『地区の生活利便性向上のため、生活利便施設の立地誘導の検討を進めます』とあるわけで、道とロータリーと広場を作っただけで終わりにするのはおかしいのではないか?
 というものでした。

これに対し、町長からは、
『生活利便施設の誘導はしっかりとおこなう』
『整備に関しては、民間の力を最大限に活用したいと思う』

といった回答があった。

「しっかりとおこなう」ということで、財政の出動を伴うもの、例えば、過疎債を利用して準公共施設を駅前に整備するなど、について再質問しところ、
『今のところ過疎債の活用は考えていない』
とのこと
であった。今の段階で考えていないということは、過疎債の期限的にも、未来永劫考えていない、ことに等しい。

『生活利便施設(例えばコンビニ)はあくまで民間が行うもの。やる、という人が出てきたら町は応援する』。
今、出来ていないのはお金の問題ではなく、やる人がいないから、本当に必要かどうかも疑問、

という考えのようだった。

それは、それで、一理ある話だと思う。 が、

私は、三宅町の過疎の要因の大きなものに、駅前の整備遅れがあると常々思っている。
川西と三宅の違いは何か、よく挙げられるのが、工業団地の有無、と、結崎駅と石見駅。
今回、過疎債という有利な財源を得た時にしかできない『町としての応援の仕方』が
あるのではないだろうか。

なお、後日ではあるが、
町長と別の場で話す機会があったとき、
「町が一から税金を使って何かをするより、広場を開放してフリーマーケットや市のようなもの
が開かれるようになり、それを後押しする形で、町が手伝う、みたいな形のほうがいいと思う。」
「スモールスタートから始めましょうよ」
と言った言葉をいただいた。

今回の一般質問の補足として、考えの背景や町長の意図などをまとめました。(参照

これからどうするか?
「やらない」と言っていることは、蒸し返しても仕方がない。
「今やれる事」をやってゆくしかない。
コンビニって、そんなに実現性が低いのだろうか。。


テーマ : 都市計画・まちづくり
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河1-2

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる