FC2ブログ

H29年12月議会報告(2)

 前回は、一般質問での台風の事を記しましたが、私自身は、今回、
 「H30年度の予算編成方針について」
の質問を行なっています。

 簡単に言うと、予算編成方針では、「財政構造の抜本的な見直し」
を掲げながらも、では、3~5年後にどのような財政構造を目指すのか
数値的な目標が見られないという指摘。

 回答は、そういった目標も必要と考えていて、分析にとりかかっている。
この先、H29年度の決算も踏まえて、H30年度中に策定する予定とのこと。

 本当に、来年で良いの?

 再質問で、
「今年度予算は、これから過疎債をどういう風に使ってゆくかを決める大事なもの。
来年度といわず、来年度予算に反映されるように取り組んでほしい」
旨を伝えましたが、どれくらいの理解、賛同を得られたのかは不明。
引き続き見守ってゆきます。

閑話休題
 一般質問を何回かやってきて、思うことがあります。
 仮に理屈で言い負かせれたとしても、相手が心から賛同しなければ、先には進まない。
 逆に、論戦では結論が無くとも、相手の心に何かが残るなら、そっちのほうがよっぽど良い。
 しかしながら、何度も何度も同じこと聞き続けることで、どこかで賛同を得れるかもしれない。
 人間、みんな、立場が違い、今まで生きてきた、積んできた経験も違う。
 そんなに考えがすぐに変わるものじゃない。変わらないほうが普通。
 また、そうだな、と思っても、その場で確約はできるだけしたくない。
 質問で、確約を引き出すには、聞き方も重要。
 「考えを問う、とか、姿勢を問う」質問は、大切だが、「おっしゃるとおり。これからやります。」
 で、終わらせてはいけない。「これからやる。」に対して、こと細かに5W1Hを問うてゆくことで
 確約を引き出せるかもしれないし、次回にトレースできるようになるかもしれない。
 今回の一般質問も、「来年やります。」の連発だったように思う。
 質問の腕をみがくことと、めげずに継続してやってゆくこと、が重要。
 

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河1-2

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる