FC2ブログ

H29年3月議会報告(その2)

今回は、「本来の予算審査」について考えてみたいと思います。

議会が予算の議決権を持つ(あくまでも議決権。予算の立案は行政。)こと
で、財政民主主義が成り立っているということで、予算の議決は、民主主義
の根幹にかかわる事柄だと言われています。

「予算をしっかり審議する」と、よく言われますが、それって一体、何をどうすることなんでしょう?
 問題を整理するために、まずは、予算管理ダメダメの状態をイメージしてみましょう。
家計と同じように考えていいと思います。

「個々の案件がどんぶり勘定で無駄が多い。結果として、総額に抑えがきかず膨らみ続ける。」
「目先、落とせない予算だけが残り、長い目で見て必要な本来やるべきことに予算がつけられない。」
ダメダメの典型は、こんな感じでしょうか。

その理由、原因は、
「予算の最終形(本来は総額いくらで、何々費にいくらかける)を定義、イメージしていない。
正解がわからないのだから改善しようがない。」
に尽きると思っています。
 正解の姿、なりたい姿を定義して、それに近づけるように、分析、改善をおこなってゆく。あたりまえの事ですが、これが大切。

もちろん、個々の案件についての予算の適正化も重要ですが、何をもって適正とするか? は、結構難しいものです。もちろん、法外な値段のものは別ですが、通常の出費の場合、家計でも同じで、強い意志を持って、いくら以内に抑える、とか、半分にする、とかがなければ、費用を抑制できるものではありません。
すなわち、「個々の案件が世間並みの相場かどうか」だけを見るのでは不十分。そんなものは、各部署で責任持ってやってください、というもの。(言われなくても、既にやってくれていると思いますが。)

ということで、今から、時を戻して、H29年度の予算審議を行えるのであれば、こうやりたかった、ということを書き出しておきたと思います。
この先のフォローアップにも活かせるし、来年にもつなげてゆけると思いますので。

・予算は、策定段階からかかわる。
・策定段階から、予算の思想、ねらい、といった部分を審議する。
・予算の最終形(将来的に、総額いくらで、何費がどれくらい)を示して
 もらい、それに、どのように向かってゆくかを示してもらう。
・個々の事業は、「目的」を明らかにした上で予算額を決める。
・「予算審議は通ったから終わり」で、あとは「予算どおりに事業を行う」
 ではなく、本来の目的達成のために、最小の予算で遂行すべき。
 それを、継続的に監視してゆく。

 私は、町の予算は、まずは、基準財政需要額(地方交付税の基になる数字)
に従うべきではないか、と考えています。基準財政需要額の算定基準が
テキトウで、そんなもののとおりには執行できない、のであれば、算定基準
自体を見直すべき。
また、町の規模が小さいから、執行のためのオーバーヘッドはつきもので、
どうしても、他の自治体よりコストがかかってしまう、というのも疑問です。
もちろん、何の策も講じなければそうなるのでしょうが、我が家の事と思って、
策を講じるべきです。策が「合併」というのも一つの手でしょうが、それでは
あまりに策が無さすぎる。このIT化の進んだ時代、小さくても逞しく生きる
ことはできると思っています。要は、問題と認識してチャレンジするかどうか、
です。

続いて、『H29年度予算の個々案件について』を記してゆきます。
ご期待ください。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河1-2

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる