FC2ブログ

大石あきこ講演会in生駒

昨日、2月19日、生駒のたけまる会館(小ホール)で、大石あきこ(れいわの衆議院議員)さんの講演会がありました。

ohishi.jpg

主催は、奈良1区の市民連合。「れいわ・なら」のボランティアチームも勿論応援。
奈良1区市民連合では、会員1000名を目指して、各野党の政策を学ぼうとこのような後援会を企画。

講演のタイトルは、「維新の会の『身を切る改革』とは何か」でした。
大阪府で、維新がやった政策、言っていることに対して、ファクトチェックを行っていると。
「大石あきこ ファクトチェック」で検索してください、とのこと。
夢洲(カジノ)の費用が膨らんでゆく話、学校統合の話、高校無償化に所得制限があること、などなど。

全体としては彼女の世界観を垣間見た気になりました。
そして、心に残ったこと3点。

  1. 国会には、院内集会というのが頻繁にあるらしい。住民の方が議員に話をもってこられたのを、党派を超えて複数の議員で話を聞く場、とのこと。→三宅でもやりたいね。
  2. 松尾匡さん曰く、財界はこう動く「日本は”輸出でかせぐ”から、”海外でかせぐ”にシフト」「国内に残すのは、サービス業、高付加価値分野。他は輸入。」→確かに合点がいく。
  3. 大石さんの思い。たぶん、橋下知事の下で働いての結論。有識者が正しい事を言っても実現しない。実現するためには政治家にならないといけないこの世の中。現実はそうだが、やっぱり本来は違うと思う。私は、「政治家は、御用学者じゃない専門家の意見を、今までの人間社会の知の蓄積として取り入れ、ものごとを決める」という世の中でありたいと思う。 
  。。。これ、実は私も思っていたこと。
「一町民として、おかしいと思ううことをおかしいと言ったら、無視されて、言いたい事を言いたかったら議員にでもなれ、と言われた。
 結果的に議員にはなったけど、目指すものは、「誰もが、言いたいことを言える町」」大石さんのほうが、言葉が洗練されている。
 そうなんよ。
 「今まで人間社会が積み重ねた成果である知を生かした政治、政策であってほしい。」
 目指したかったのは、それ。そして、世の中は、それとは真逆の方向に進んで行っているように思える。
 「昔は、そんな無茶、そんな無知な事やらんかったやろ」というような事が次々と起こる。
 どうしたら、そういう社会を目指せるんだろうか。。。 つづく。



テーマ : れいわ新選組
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河613

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる