FC2ブログ

今年忘れてはならないもう一つのこと

12/20に活動報告で、今年の振り返りを書きましたが、もう一つ、忘れてはならないことがありましたので、ここに記します。(あえて、きびしい事を書きます。)

「学童保育委託のプロポーザル審査」の件です。
結局のところ、
  • 委託先選定において、一旦決せられた審査会の結果を、審査会を再開することなく変更した。
  • 一旦決せられた審査会の結果(点数表)は、いまだに「無い」としている。
  • 町長は、この変更過程がしるされていない、審査会結果の文書を決裁した。(決裁文書には、変更があった事自体が記されていない。)
  • 監査は、上記の事実に対して、「問題ない」と判断した。(監査も結局は行政の一機関)
そして、10月に再度、住民監査請求が出されましたが、「棄却」(すなわち「監査」はしない。)されたようです。次は、訴訟?


町はこの12月に令和4年度の予算編成方針を出し、「ビジョン・ミッション・バリュー」を明確にするとの発表がされていました。

その中のバリュー(価値)は、「ビジョンやミッションを実現するためにとるべき思考や行動の指針」というもので、対話・挑戦・失敗、と記されています。そして、失敗、の説明として、失敗は次の挑戦への糧となる「経験」、と記されています。

そのとおりだと思いますが、その前に、失敗を失敗と認識する必要があります。

本件で認識された失敗は、
  • 「ルールに無い手順を取ってしまった」(担当)
  • 「1回目の採点表を廃棄してしまった」(担当)
  • 「そもそも、ルールがあいまいであった」(規約類)
と言われているが、それだけだろうか?

  • 「中抜きの(変更した過程が一切記されていない)審査結果報告を、町長以下役職者が決裁したこと」
  • 「『廃棄したから無い』を最後まで通したこと」
  • 「再三にわたり、改める(再調査する)機会が与えられたにもかかわらず放置したこと」
を失敗と取るか、そうでないか?

いずれにせよ、これらの状況を認識して、次の挑戦への糧となる「経験」としていただきたいと願うばかりです。


コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河613

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる