FC2ブログ

憲法記念日(9条を抱きしめて)

5月3日(憲法記念)によせて

憲法記念日のこの日、TVや新聞では、「憲法改正、賛否が拮抗」のような言葉が躍っていました。
「言葉が躍っている」ばかりで、どういう質問、選択肢でどういう回答なのか、よくわかりません。

実は、このあたり、「改憲」を「憲法改正」と書くだけでも数字は変わるし、質問の前の前振りでも結果が大きく変わるようです。

今回のものでも、まったく前提なく、「憲法を変えること」についての質問したものと、「9条を変えること」では全く違った数字が出ているようで、依然、9条を変えること、への賛成は少ないようです。さらに、どのように変えるのか、についても意見はさまざまだと思います。

「9条は現状にそぐわない」、と言われるかたもおられるのでしょうが、私は、9条は、世界が、そして日本が産んだ奇跡だと思っています。小学校高学年か中学校だったと思いますが、「日本は戦争放棄という道を歩んでいる」ことに感動と誇りを持った事を今も覚えています。

「内心、『日本は戦争をしたらいい』と思っているあなたへ」、という本の中に、言い得て妙な表現があったので紹介します。


制度で人間を縛ることによって平和が実現できるとの考えに賛成しかねるからです。
そのことは戦後68年間、ひょっとすると日本が世界で最も新しい価値観の構築者となりえるかもしれない道を歩んでいながら、それを桎梏としか受け止められず、再び最も古い価値観の最後尾からやり直そうとしている現政権の姿を見ても明らかでしょう。


「戦争放棄」、そんなことを言っている国は、どこにもない。ないからやめるのか、ないからやるのか、。。。

合わせて、NNNドキュメントで放映された、アレン・ネルソン氏の「9条を抱きしめて」の紹介記事をリンクしておきます。
アレン氏

このビデオ、私も持っていますので、近くで見たい人がいらっしゃればお声がけください。

H29年3月議会報告(その5)


H29年3月議会報告(その5)

今回は、おまけ。
一般質問に対する回答の中に、次のようなくだりがあった。

『当然のことではありますが、住民一人ひとりの「幸せである」と
いう気持ちは人それぞれであると思います。これをもって行政の役割は、
幼児や児童、若者、子育て世代、働く世代、高齢者など、全ての方が
安心して暮らせるよう安定した社会基盤を築くことであると思います。
 多様な価値観を互いに尊重し、調和をもった元気なまちづくりを
すすめて参りたいと考えています。』

う~ん。なるほど。いや、そうなのかな?

そこで、
「多様な価値観を尊重する」ことと、「自分の目指すものを持つ」
ことは、相反することなのかどうなのか?
考えてみた。

民主主義は多様性を尊重する。価値観は人それぞれである。
では、価値観の異なるような政策は、民主主義の下では実行
できないのだろうか?

とある、先生の言葉を思い出した。
 そもそも、政策に「みんなのためのもの」なんてあり得ない。
もし、「この政策は、住民全ての人のためのものです。」なんて
言う人がいたら、ダメ出しをしないといけない。
すべての政策は、特定の人たちのためのもの。明らかに恩恵を被る
人たちと、そうでない人たちがいる。
 だから、政策を進めようとする場合には、
「この政策は誰のためのものか」を明らかにすること。その上で、
その「誰」に入る人にも、「誰」から外れる人にも理解を求めること。
 これは、直接の利害関係だけでなく、人生観についても同様。
「みんなのためになる」なんてのは、まやかし以外のなにものでもない。
よくよく見てみると、大多数のためになるけど、一部少数のために
はならない、という場合がほとんど。これは、少数派を切り捨てて、
多数派に従う、と同じことで、実は、多様性の尊重にはならない。

こんな感じのお話。

つまり、人それぞれ、多様な価値観を互いに尊重するということは、
いかなる政策であっても、誰のためのものか、逆に誰のためには
ならないものか、をはっきりさせたうえで、ためにならない人にも
理解を求めて、合意を形成した上ですすめてゆくことが大切。

石見駅の開発であれば、使う人の意見だけでなく、使わない人の合意
形成も必要。学童であっても、お子さんのおられる家庭、そうでない
家庭など。インター周辺の開発でも、近隣の住民、そうでない住民。
目指す社会、新自由主義、里山資本主義、なども。。

H29年3月議会報告(その4)


H29年3月議会報告(その4)

今回は3月議会でおこなった私の一般質問についての報告です。

H29_3gikai2.jpg

町長に「まちづくりのビジョン」を問いました。

ここ半年の、学童保育の扱い、地方創生に関連したイベント事業、そして
企業誘致についてなど、その動きから、どういうまちづくりをしたいのか、
を問う必要があると考えたからです。

そもそも、町長選では「対話を重視」という方法論的なところに私は
賛同していました。対話を重視した中で、先々に、やりたいこと、進むべき
道が明確になってゆくだろうと思っていました。

しかしながら、「対話を重視して物事を決める」ことについても、
予算の策定をもっとオープンでやるわけでもなく、学童保育の扱いに
ついても対話は不十分と感じられました。地方創生のイベントや企業誘致に
至っては、対話から生まれたものではなく、役場発のアクションの
ように思えるものでした。

では、「どういう社会を目指して」、のことなのか?


以下に、質問と回答を抜粋します。

(以下の回答は、私が、私の理解として記しているものです。
 あとひと月もすれば、議事録が、その前にもDVDで議会の録画を
 見ることができますので、興味を持たれた方は、ご自身で確認して
 いただければ良いと思います。)


問)町長は、三宅町をどのような町に、どのような社会にしたいのか?

答え)
「笑顔と元気があふれ、将来に希望がもてるまち」にしたい。
そのために、子育て、産業、福祉、教育、安心・安全の生活基盤、
行政の協働、に取り組みたい。


問)三宅町において、住民ひとりひとりの幸せがあって三宅町の幸せがある
という考えなのか、三宅町が栄えることで住民ひとりひとりが幸せになる
という考えなのか、いずれか?

答え)
「住民一人ひとりの幸せがあって三宅町の幸せがある」と思う。
一人ひとりの幸せは、人それぞれで、多様な価値観のもとにあるもの。
従って、すべての方が安心して暮らせるような社会基盤を築くことが、
まず大切だと思っている。

③工業ゾーン創出プロジェクトの三宅町としての目的は?
(プロジェクトとしては、県と他町を交えた動きではあるが、
 町としての目的を持っているのか? それは何か?)

答え)
「三宅インター周辺および沿道の市街化調整区域を市街化編入し、商工業
施設の誘致を行うことで、雇用の場を生み出すとともに、将来的に安定した
財政の確保を考えている」


※ここまでが、事前提示の質問と、それに対する回答。


「なにがしたいか」については、たぶん、初心表明と同様で全方位的な話。
優先順位が不明で、具体性に欠ける。はっきりしたものは無いのかもしれない。



※この後、再質問(予告なしの質問)を通して、私が得たものを以下に
記します。

問)
工業ゾーン創出プロジェクトは、工業ゾーンを作ることが目的なのか、
工業ゾーンを作ることで、何を目指そうととしているのか?

答え)
「工業ゾーン創出プロジェクト」は、まさに言葉のとおり、
農業地(農地、市街化調整区域)を、「工業ゾーン」(市街化区域)にすること
で、町の税収UPを図ることが目的。
「雇用の場を生み出す」は、副次的なもの。
雇用を創出するために、工業ゾーンを作る、というわけではなさそう。

問)
工業ゾーンが創出されれば、現在の町民は豊かになるか?

答え)
一概には言えない。

問)
工業ゾーンが創出されて、町の税収がUPしたら、そのお金で何をするのか?

答え)
「みんな元気で幸せなまち」を作るために、いろんな事をやる。
町の財政基盤が安定することも、みんなの幸せにつながる。


====

結局、
みんな元気で幸せなまちを作りたい。
「みんな元気で幸せなまち」のために町の財政基盤を安定させたい。
財政基盤安定のために、工業ゾーンを創出したい。
工業ゾーン創出のために町民にも協力してもらいたい。
という流れのように感じた。

しかしながら、これは、
「ひとりひとりの幸せの先に町の幸せがある」
と言えるものなのか、
「町の幸せの先にひとりひとりの幸せがある」
になっていないのか?

確かに、
土地の利用価値を高めて、利用価値が高まった分、
税金としてもおすそ分けに授かる。
という言い分もあると思う。

しかし、
利用価値の高まった土地をまさに利用する人は、
現在の三宅の人ではなく、誘致で入ってきてもらう企業の人。
現在の三宅の人が利用価値を高めて豊かになるわけではない。
それを行政が推進する。
これで、いいんだろうか?

現在の所有者がばらばらで土地がまとまった形になっていない状態
のままでは利用価値が低く、利用価値を高めるには町外の企業に入って
もらって開発を進めるしかない、という事情もわからないではないが、
なんだかなあ~。って感じ。

とある、町おこしのセミナーでは、
『まず、町のみなさんが何で生計を立てているのかを聞いてまわる。
 それが、基幹産業なのだから、それの上から何個かを、
 いっしょにテコ入れできるプランをプロデュースする。
 部分個別最適化でなく、全体最適。
 それに基づいて企業を誘致する。
 企業誘致するために税金を優遇する、なんて、ナンセンス。
 税金を優遇して入れた企業が、地場の基幹産業を壊してしまう。
 地場の基幹産業が壊れたころ、ちょうど誘致した企業への
 税金の優遇が切れて、その企業も進退を迫られる。最悪、
 税金を使って、基幹産業を壊しただけのことになりかねない。』

企業を誘致することで地場産業の価値が高まる、そういったもので
なければ、町おこしにはつながらないということのようです。

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河1-2

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる