FC2ブログ

まちづくりトーク(三河)

7月7日午後7時から、三河公民館分館でまちづくりトークがおこなわれました。

町長の今期予算の説明があり、その後、質疑応答。
質疑応答は、特にテーマを定めず、予算のこと、政策のこと、身近なこと、なんでもどうぞ、という形です。

今まで、各所で「傍聴」の立場で聞かせてもらっていましたが、今回、私は主催者の立場でかかわったということもあったのでしょうが、『非常に辛口』の感想を持つこととなりました。

質疑に対する、ほとんどの回答が、回答になっていない。

回答している側が、それ(回答になっていないこと)に気づいてもらえれば、やった甲斐があるというもので、きっちりフォローすることで良くなってゆくと思いますが、このままやりっぱなしだったら、行政と住民の間の隙間は、さらに広がってゆくでしょう。

よくよく思い返してみて、結局は、
以下3点が明らかになって良かったこと

1)予算の目指す姿、それをどうやって実現してゆくか、の方針、計画が無い。

2)都市計画が無い。インターも駅前も。(町としての意思が無い)

3)町民と行政との溝。町民の問いに、行政は、
「県がダメと言っている」
「近鉄がダメと言っている」
「警察がダメと言っている」
(「お金がない」)、
以上の回答が無い。
町民に代わって交渉している姿勢が感じられない。
言い訳にしか映っていない。


行政の側から見たら、何度も説明しているのに、なんでわかってもらえないのだろうか?
という思いもあるのだろう。

それで、住民からは、「町はどうしたいのかわからない。」「どうせ言っても出来ない理由が返ってくるだけ。」が現状。

1)、2)は、行政の怠慢でしか無い。
いろいろと忙しいのだろうが、それは言い訳にはならない。
最優先で取り組むべき問題。

3)は、溝を認識することからスタート。
認識出来れば、溝は埋めてゆける。対策はケースバイケースだと思う。


本来ならば、議会が、行政に対してこういった指摘を行ない、指導してゆかねばならないのだということもしっかりと認識した上で、今回の経験を今後の活動に生かしてゆくつもりです。


なお、以下に、実際の質疑応答をかいつまんで記しておきます。
(記憶を頼りに書いていますが、見落とし、解釈違い、間違いもあるかもしれません。その際はご容赦ください。)


1.(今期予算の歳入で、自主財源比率が小さいとの説明に関連して)
問:自主財源比率を高めるべきと考えているのか?
 高めるのであればどこまで上げようとしているのか?
 その具体的な方策、内訳は?
 他町村の状況も踏まえて説明してほしい。

回答:・一概にダメというわけではないが、他町村より小さい。
    ・国の政策で、突然、予算が圧迫される可能性があり、あまりよくない。
    ・予算の圧迫は、住民サービスの低下を招くので。
    ・どこまで高めるか、の目安として、人件費の確保(約10億)のラインがある。
    ・方策として、土地利用の見直しによる、固定資産税、法人税の確保、がある。
 
※具体的な目標、方策の説明にはなっていない、と私は感じた。

2.インター付近の開発について
問:インター付近は市街化調整区域でも開発可能とか、工業ゾーン創出プロジェクトなどと言われているが、対象区域は、農業振興地域でもある。町は、どうしたいのか、意思を聞かせてほしい。「最後は民間の取引にまかせる」、では、足並みも揃わないし、物事も進まない。

回答:・農地の代替地といっても町内で手当できるものでもない。
    ・県と足並みをそろえてやってゆきたい。

※回答になっていない。
  (小柳でも同様の問いがあったが、町の意思が示せていない。)

問:インター、駅前、両方含めて、この界隈をどのような町にしてゆきたいのか、してゆくのか、都市開発のイメージを作って、見せて行くことが大切ではないのか?

回答:・県と一緒にすすめてゆきたい。
    ・みなさんと一緒にすすめてゆきたい。
    (うろ覚え)

※回答になっていない。(町の意思が問われている。)


3.1号線の拡幅について
問:拡幅の幅が中途半端。「町道のままで、やれる範囲でやる」で本当に良いのか。
 
回答:・これから地元とも協議して具体的な事は決めてゆく。

※回答になっていない。
  町の意思が問われているのに、意思が示されていない。

4.近隣危険個所
問:三河交差点の北東カド部分、歩道部分が無く危険。
  石見駅から高等技術専門校に行く4つ角、信号無く危険。
  早期に対処を望む。

回答:・要望として受け取る。

5.駅前開発について
問:東側は、以前より不便になっている。「警察がダメと言っている」で話が終わっているがそれで話が終わりなんだったら、一体、どこの誰がダメと言っているのか、はっきりと住民に報告してほしい。(それ以上、町がやれないんだったら、自分らでやるしかない)

回答:????

問:東側には、屋根もなく、車も寄せられない。どこが、弱者にやさしい町かと思ってしまう。

回答:踏切付近はそもそも駐停車禁止。

問:西側に改札は開かないのか?

回答:過去の交渉で、費用的に不可と判断。あきらめたわけではなく、交渉は続ける。

問:東側を閉めて西側を開けることはできないのか

回答:そういった解も無いことは無いが、過去の経緯等から困難。

問:西側に改札を開ける事が前提でロータリーの計画があったのではないか?改札が開かないとなった段階で、計画を見直すべきだったのではないか?

回答:????

問:西側が開かないなら、やはり東側のポールは取り去るべき。

回答:????

問:西側駐輪場にも、雨よけの屋根をつけるべき。

回答:防犯上、死角を作ってしまうという、デメリットもある。

問:駅前にポリスボックスを作ることはできないのか。

回答:警察と話しているが作ることには、なっていない。

6.一時避難場所について
問:高等技術専門校は開けてもらえないのか?
 
回答:一時避難所として「避難準備情報」の段階で開ける。

問:防災計画の見直しは地元と連携して行うとの説明だったが、その際に、高等技術専門校の避難場所として位置付けを見直すことは、地元の強い要望であることを認識しておいてほしい。

回答:自助、共助、公助の考えのもと、互いに協力していきたい。


7.過去の町との約束(前町長と話していたこと)
問:三河から町道一号線に出る交差点部分の拡幅(河川に蓋をするなど)。
問:三河の南側、京奈和道にあたる道部分。工事を進めてほしい。
 
回答:・要望として受け取る。

以上。

テーマ : 都市計画・まちづくり
ジャンル : 政治・経済

人口減少社会の未来学


『人口減少社会の未来学』を借りて読んだ。

IMG_1753.jpg
人口減少について11人の著名人が語っている。

多様な視点から「人口減少社会」に起きると予測される出来事と、それに対処するための提案を集めたものです。

序論で、内田は、人口減少はこれから世界中が直面することになる文明史的スケールの問題であり、政府や自治体がおこなっている婚活や育児支援のようなレベルの政策で対応できるスケールの変化ではないもの、と語り、加えて、AIによる雇用喪失、ベーシックインカムなどにも言及しています。

池田は、
狩猟社会から、農耕社会への変化、戦争の発生、産業革命と資本主義を通した人口の増加と、その後のポストグローバルキャピタリズムの時代におきる人口減少、の必然性を示した上で、その先に人口一定の定常経済の社会の出現を示唆している。

平川もまた、
『人口減少は、経済的な現象ではなく、資本主義の発展段階に必然的に起きる社会現象』
であるとし、社会構造(家族構造)やモラルの変更が鍵になるとしている。

資本主義の下、人が幸福を追求する過程で、多産は善で少子化は悪いことという時代があり、その後、女性の社会進出などから少子化に向かってゆく。
その先、
少子化、老齢化は、生産性の低下を招くことになり、その低下した生産性を効率化で取り戻そうとする。効率化の名の下で行われることは、非効率の切り捨てであり、社会の分断を招く。これにより、非寛容な格差社会へと変遷してゆくことにこそ問題の本質がある
という。

他にも、藻谷が、データ分析により、人口減少に関しては東京の一人勝ち(東京だけ人口が増加している)と言われているが、こと少子化に関しては地方より都市部のほうが深刻であること、すなわち、東京の人口増は、高齢者の人口増であるということ示していた。
次世代の再生力としては、都市部よりむしろ地方のほうが可能性があることもデータを交えて示していた。

他にも、いろんな人がいろんな事を語っていたが、私は、

『少子化は社会の必然であり、経済対策のように対応できるものではなく、
社会構造の見直しを伴なうものであり、都市部よりむしろ地方にその可能性がある』


という流れに同感した。

少子化対策、奥が深い。
気になった人は、この本、読んでみてください。

テーマ : 都市計画・まちづくり
ジャンル : 政治・経済

もっとおもしろい奈良をつくる100人会議


6/24奈良市生涯学習センターで「もっとおもしろい奈良をつくる100人会議」という催しがあり、参加してきました。 
木下勇氏の基調講演とワークショップです。

IMG_1755.jpg

IMG_1734.jpg


対象は、もしかしたら奈良市在住の人だったのかもしれませんが、申し込んでみたらOKでした。
奈良市では、子どもにやさしいまちづくり事業をすすめていて、「子ども奈良CITY」というのを企画されていて、そのキックオフも含めた集まりだったようです。

「子ども参画による子どもにやさしいまちづくりを考える」とのことですが、「子どもの参画」は奈良市に限った話ではなく、あちこちで試みられており、奈良でもがんばりましょうという話のようです。

私は、「住民の参画」を進めるにあたって、その先をいっている話だなと思いつつ参加させていただいた次第です。

日曜の開催ではありましたが、比較的若い方の参加が多かった事に驚きと嬉しさを感じました。
中学生、高校生、も参加されており、彼らがこの先「子ども奈良CITY」の企画にかかわってゆくとのことでした。

基調講演の資料の中に、こんなのがありました。

IMG_1756.jpg
『補完性の原理』というもの。

 補完性原理とは、決定や自治などをできるかぎり小さい単位でおこない、できないこと
のみをより大きな単位の団体で補完していくという概念。

ドイツやEUで地方分権の原理、協働の原理となっているということでした。

 「地方でやれることは地方にまかせる」などとよく言われますが、順番が逆。
まず、地方で全部やることを考えて、できない事だけを国がやる、でないといけない。
町と自治会なんかでも同じだと思う。

ふと目についたちらしからの出会いだけど、とてもラッキー。
ついてるな、と思いました。

テーマ : 都市計画・まちづくり
ジャンル : 政治・経済

三宅町タウンミーティング等

 石見駅前のワークショップ(6/28,近隣自治会向け)、タウンミーティング(7/1,予算説明会)、まちづくりトーク(6/23,小柳、6/30,石見)などについて、まとめて報告します。

各会場で話に上がったことは、後に列挙しますが、全体を通して、私が思ったこと、思いついたことを、先に示してゆきます。

◆昨年の台風の際の避難、今年予定している避難計画の見直しに関連して
 避難場所は、何人、何世帯の避難を想定して作られているのだろうか?
 町内の全世帯が避難できるようにするのは現実的でないし、そこまでやる必要は無いだろう。
 水系が何系列かあることからも、1/4~1/3、上限1000世帯ぐらいを対象とするのが妥当かなと思う。
 現在の三宅小学校で、避難場所30教室として、1教室に10世帯としたら、300世帯。
 体育館は10教室分として、100世帯。
 詰めて入っても、せいぜい500世帯というところかな。
 学校の授業もいくらか進めれるレベルとなると、もっと少なくなる。
 数字は、しっかり出しておくべき。
 事が起きてから、健民グランドとか、他の場所を探していては手遅れ。

◆今年、防災計画の見直しをやると言うが、
 各地区の自主防災会等と一緒に防災計画を話し合ってゆきたい
 との発言があった。とてもいいことだと思う。

◆駅前踏切りの立体化
 この前、近鉄の路線事故があり、踏切がさがりっぱなしになったという話が出た。三宅町内に橿原線踏切の立体交差は無いため、完全に東西が分断されるとのこと。車であれば、田原本や結崎を回れば良いが、徒歩ではそういうわけにはゆかない、という話。
 もしかして、駅構内にでも高架か地下通路があれば、こういった事故時に、改札を開放して通過できるかもしれない。
踏切の立体交差(徒歩だけでも)は、こういった路線事故対策ということで資金を確保することもできるのではないだろうか?


以下、それぞれの集会概要です。

★近鉄石見駅ワークショップ
  石見、三河、伴堂1、2、石見フラワーチーム、高等技術専門校、に声がかかり、アドバイザー 坂本大祐氏(東吉野)を迎えて、駅前周辺のまちづくりについて、フリートーク(?)が行われた。
 駅前が大変立派になり喜んでいる。といった声がある一方で、駅東側については、安全性が確保されているとは言えない。以前のほうが安全だった。また、以前より不便になった。という声も聞かれた。
これから、どうしてゆくのかという事については、町は、「西側に改札を開けることは、引き続き交渉してゆく。」「コンビニは、過去に検討に加わったこともあったが、経営的に難しいのが現状。」といった話があった。

★タウンミーティング
 7/1に中央公民館で、約15名ほどの参加者。町からの予算説明の後、質疑応答(自由討議?)。
 以下に、質疑応答のテーマを列挙しておきます。

 ・駅前開発は長期的な視点に立って近鉄と交渉しているというが、近鉄の生の声が聞こえてこない。町に対して疑念を抱いている。
 ・タウンミーティングの出席者が寂しすぎる。人集めの姿勢から見直せ。
 ・ふるさと納税に日用品を入れることを検討すべき。
 ・前回のタウンミーティングの結果報告、フォロー、フィードバックが足りない。
 ・小学校空調。 さっさとやればよい。なぜ、2年もかけるのか?さっさと出来ないのか。
 ・議会と行政の関わり方。ワークショップのメンバーは住民が選んだものではない。物事を決めてゆく過程で、住民が選出した議会によく諮って、決して対立して止まる事の無い様にすすめていっていただきたい。
 ・企業誘致の条件について
 ・買物難民への対応をどう考えるか
 ・ゴミのリクエスト収集について
 ・但馬の踏切(統合、拡幅)について
 ・道の駅について

★まちづくりトーク(小柳)
 今回、最初のまちづくりトーク。約10名の参加。

 ・ 三宅一号の西側整備、通学の安全対策。
 ・小柳の水利、堰の補修、負担軽減策。分水の見直し、ポンプアップ含めて川西町と協議。
 ・三宅全体の土地活用、公の考えを示してほしい。
 ・曽我川の保橋、拡幅。 堆積物の始末。
 ・防犯カメラの設置。
 ・避難時、車椅子昇降機必要。
 ・複合施設、あざさ苑も避難施設として利用できるように。
など

★6/30まちづくりトーク(石見)
 石見公民館、40名近くが参加。

 ・駅前開発は、どうやって乗客を増やすかを考えるべき
 ・近鉄にまちづくりそのものを働きかけるべき、せめてコンビ二は欲しい。
 ・防災、防災拠点を示す地図などが駅前に無い。何事においてもアピールが無い。
 ・防犯カメラの設置を考えるべき。防災、安全対策としての立体交差。
 ・水害時の水位表示、訓練校前交差点の安全対策。
 ・ゴミ袋、今より小さいサイズのものを用意してほしい。
 ・タウンミーティング等で出た意見に対しての結果報告をお願いする。
 ・災害ボランティアに職員を参加させること。
 ・駅前(東側)にシルバーシートを設置。
 ・人材登録(ボランティア、専門技術)制度について。
 ・ワンコインサービスで日常の不便解消、助け合いのまちづくり。
 ・ゴミ分別、どのように社会貢献しているのか? リサイクルの効果を公開してほしい。
など。


テーマ : 都市計画・まちづくり
ジャンル : 政治・経済

議会報告会

この1ヶ月ほどの間、議会報告会を皮切りに、石見駅前のワークショップ(近隣自治会向け)、タウンミーティング(予算説明会)、まちづくりトーク(小柳、石見)などがありましたので、まとめて報告しようと思いましたが、今回は、議会が開催した議会報告会についての報告です。

5/26に中央公民館で議会報告会をおこないました。
参加者は30名ほど。
前半1時間を議会報告、後半1時間は小集団に分かれてフリートーク、としました。
全体の無い様は、添付のレポートをご参照ください。
本文には、特に思ったこと、私自身のこれからの行動指針を記します。

 <レポート添付>

 議会報告で今年度の予算の説明などをおこなった際に、
『議会が行政の単なる追認機関であっては困る。行政の提案を議会でどのように議論し、どのように結論付けたかを、しっかりと説明して欲しい』
といった主旨の御意見も頂き、大変身が引き締まる思いでありました。

議会は、 確かに、いまだに十分な働きは出来ていないと思ます。
私自身、議会に加わってまず、「議案が出てきてからでは遅すぎる。」「予算を通したからといって全権を委任したわけではない。」との思いから、いかに、政策の決定プロセス、執行過程に関わってゆくかを考え、ここまで、行政に関わってきたつもりです。
しかしながら、いまだ、「議会はなめられている」感が随所に見られる気がしています。

議員に選んでいただいて、この2年、議員のあり方として、
 「議員は議会内で意見をまとめて、行政に対峙することではじめて、町運営の一翼を担うことができる。」
 という考え方と、
 「議員は、それぞれが選挙で選ばれた公職者。それぞれ議員をやっている背景も違うし、考え方も異なる。意見をまとめることには無理がある。意見をまとめて行政に対峙するというのは理想であって、現実は、あくまでも個人商店として行政に働きかけてゆくことが重要。」
 という2つの考え方の間で揺れ動きながら、両方を実践してきました。

 しかし、今回、新たな気づきをさせていただくこととなったと考えています。
 「議会内では、結局、話しはまとまらないんだから、個で行政に対峙する」、という行為は、議員みずからが、議員を軽視し、議会を機能不全としている行為であること。
  また、
 町長をトップとする階層構造の行政機関と、議会というフラットな組織の2元代表制で、どちらが民主的な組織であるのか、民主主義を醸成させるのは、どちらの役割なのか、現代社会が議会を必要としている根本はまさにここにあるということ。

  過去、背景、利害関係の異なる10人(三宅町は議員が10名)のメンバーが、異なる意見をぶつけ合い、最終的に1つの結論を導き出す。このことにこそ、議会の必要性がある。
  『熟議を通して民主主義の醸成をはかる』ことこそ議員本来の役割。 
 (立候補した時にもそう思っていたが具体的にどう実行してゆけば良いのかわからない、ぼんやりしたものだった。)

  これをやるには、本会議、委員会の会議場でこと足りる話ではない。事前に情報を入手し、それらを整理、共有した上で、普段から議員同士が意見をぶつけ合うという、熟議を積んでおく必要がある。
  現実問題として、行政の全ての事業にかかわることは出来ないだろうが、重要案件に対してどれだけ関与できるかが問われている。

  ①自身みずからが議会をおとしめるような行動、民主主義を否定するような行動はとらない。(議員同士でよく話し合う)
  ②議会内だけでなく、広く住民のみなさんに、情報を公開し、自身の意見を示してゆく。

を、行動の指針としてゆきたい。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河1-2

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる