H30年4月議会の報告

4月27日に三宅町臨時議会が開催されました。
gikai_ber.jpg


開催理由の主は、山辺・県北西部広域環境衛生組合議会議員の任期が1年のため、今年度の議員を選出(選挙)する必要があること、で、合わせて、先の3月議会で可決された常任委員会の委員定員変更(5名→10名)に伴ない、委員を選出(指名)する必要があること、でした。

臨時議会が開かれるとのことから、専決の報告や急を要する議案が上程され、結局議案等は、それ以外に、議案1件(公園条例の改正)、専決の承認3件(条例の改正)となりましたが、これらは全て、上位法等の改正に伴う条例の改正となります。
内容は、以下に掲載されていますので、そちらをご参照いただければと思います。

なお、上の山辺・県北西部広域環境衛生組合議会議員は、昨年に引き続き衣川副議長に受け持っていただくこと、常任委員は、総務建設、福祉文教ともに、議員全員が委員になることと決まりました。

タウンミーティングの開催

 今週の土曜日(4月28日)に、住民の方との意見交換会(タウンミーティング)を開催させていただきます。

4月7日、8日に新聞に折り込んだ活動報告にも予告させていただきましたが、詳細な告知も無くすみません。

開催場所は、
三河公民館(三宅町公民館三河分館)、石見駅より徒歩6分程度のところです。

時間は、午後1時より。(1~2時間の予定)

テーマは、平成30年度の三宅町予算について、を予定しております。
町の予算がどのように決まってゆくのか、などもお知らせできればと思っております。

事前申し込み不要、参加費ももちろん無料です。
事前の周知、声掛けもあまり出来ておりませんが、
皆様のご参加をお待ちしております。

議員活動をやらせていただいて、もうすぐ丸2年というところで、はじめての試みになります。
先達の議員の方の中には、定期的にタウンミーティングを持たれていた方もおられ、私も、そのような場に参加することから行政を身近に感じるようになってゆきました。今度は、自分がやる番だ、という風に考えております。

カタツムリの知恵

「カタツムリの知恵と脱成長」という本を読みました。

カタツムリ

以前 videonewsで取り上げられ
関連書籍、「経済成長なき社会発展は可能か?」
を読んで、たどり着いた本です。

三宅町の図書室に、新着図書のリクエストを出して、4月に蔵書となったものを借りて読んでいます。

作者の中野佳裕氏は、近年ヨーロッパの社会思想にみられる、脱グローバリゼーションの思想を学び、紹介してくれている。

タイトルにある「カタツムリ」は、「せかいいちおおきなうち」(レオ=レオ二)という絵本から来たもの。

次のようなお話である。

あるとき、キャベツ畑の中に生息するカタツムリの親子の間で次のような会話がおこる。

ちびカタツムリ 「ぼく おとなになったら、せかいいち おおきな うちが ほしいな」
お父さん 「うどの たいぼく。 じゃまにならないように、 うちは かるく しとくんだよ」

昔、同じような事を言ったちびカタツムリがいて、お父さんに止められたものの、
いいつけを守らなかったちびカタツムリは、いっぱい食べて、いっぱい運動して、メロンのように大きな殻になった。
仲間のカタツムリからは、「すごいね、立派だね、世界一」と言われ、殻をもっと大きくし、飾りや模様も付け加えていった。

しかしある日、キャベツの葉っぱをすべて食べつくしたあとに、ちびカタツムリは困ってしまった。
自分のからだに乗っている殻があまりにも重すぎて、見動ぎが取れなくなったのだ。
仲間のカタツムリは別のキャベツ畑へと引っ越しましたが、彼だけが取り残され、食べ物にありつけず、やせ細って消えてしまった。残された殻は少しづつ壊れていき、最後には何も残らなかった。

ちびカタツムリは、涙を流しながら、「ちいさく しとこう。」と思いました。
そして、「どうして きみのうちは そんなに小さいの?」
と尋ねられると、必ず「せかいいち おおきなうち」の話を語ったという。

また、本書のしめくくりには、同じくレオ=レオ二の『スイミー』の話も引用されている。
スイミーは、ちいさな赤い魚の群れの中で、自分だけ黒い色をしていた魚。
ある日、大きな魚に仲間たちが飲み込まれ、独りぼっちになってさまよった後、別の群れに出会う。
でも、また、大きな魚がやってきて、飲み込まれそうになったとき、スイミーは思いつく。
みんなが集まって、大きな魚の形になって泳ぐことで、大きな魚に対抗するという技を。
形は出来たが、何かが欠けている。
「そうだ、ぼくが、目になろう」といって黒いスイミーが目になって見事、大きな魚を追い返すことができた。
という話。

主人公のスイミーは、ほかの小魚とは違う。そんな「異分子」のぼくが「目になろう」というところが、特異な個がネットワークを作ってゆく世界を描いている、という、深~いおはなしだとのこと。

ちょっと脱線気味になりましたが、話の本題は、

豊かさの追求の中で、社会は、経済成長を求め、大量生産大量消費、グローバリゼーション、へと盲目的に進んできた。
今日、これらへの弊害がクローズアップされる中、グローバリゼーションの後にくる時代を探る、というもの。


スイミーの話とともに、著者が語るのは、

「市場経済のグローバリゼーションが進行する世界において、ローカリゼーションに参加するとは、経済成長や効率性を追求する主流の豊かさの言説に対して異分子になることだ。けれども、たった一人の異分子による豊かさを変えたいという願いは、潜在的に同じ思いをもつ隣人の共感を呼び、その共感の連鎖が物語で描かれたような大きな魚の形をした小さな魚の群れをつくることになる。『スイミー』のクライマックスで描かれたあの印象的な赤い小魚の集合体は、一つの地域に集まった個性ある人たちのネットワークと捉えられる。もしくは、一匹の小魚を一つの地域と捉え、多様な地域が地球規模のネットワークを作ってローカリゼーションの大きな潮流をつくる姿にも解釈できる。」

「本書で紹介したさまざまな思想の水脈に触れることで、わたしたちの感性が少しでもローカルなもの、共的なものに対して開かれていくことを期待したい。人間はいつまでもグローバルな消費者を演じるわけにはいかない。ローカルに生き、さまざまな関係を耕す異分子になる時がきているのだ。」

ということで、
 さあ、みんな、スイミーになろう!

テーマ : 都市計画・まちづくり
ジャンル : 政治・経済

H30年3月報告ちらし(NO3)

2018年3月議会の報告ちらしを配布しました。 
pdfは、こちら NO3ちらし

2018_3_A3-1234B-12.jpg

2018_3_A3-1234B-34.jpg

今回は、新聞への折り込みを活用させていただきました。
(部数が足りなくなって、全戸には配れていません。スミマセン)

H30年3月議会その他の報告(2)

3月議会でのその他の報告(2)です。

◆一般質問「過疎対策について」

一般質問で、「過疎対策」を取り上げました。

質問)
過疎対策について2点お伺いします。
1点目、来年度予算において、過疎債を活用した過疎対策の内容、およびその対策それぞれの具体的な数値目標をお示しください。
2点目、過疎の原因は何なのでしょうか。
なぜ、25年で20%もの減少となったのでしょうか。
隣の田原本町は、同じ25年の間で、増減なし。川西町は13%、安堵町は15%。奈良県全体は1%の減少です。
近隣の町と比べて人口減少が大きいのはなぜでしょうか。
比較的環境の似通った近隣の町との比較をより詳しく行うことで何かが見えてくるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
昨年、平成29年の9月に「三宅町過疎地域自立促進計画」が出されましたが、過疎の原因追及と対策の立案は、その後も継続して行ってゆくべきと考えますが、いかがでしょうか。
来年度の予算措置として、過疎の原因追及と対策の立案にどのように対処されるのか、所見を伺います。

回答:町長)
まず、1点目の過疎債を活用した過疎対策の内容、およびその対策、それぞれの具体的な数値目標ですが、本過疎対策事業は基本構想を基本理念とし、それぞれの計画と整合性を図りながら新年度計画したものでございます。
 具体的には、ハード事業として、近鉄石見駅周辺整備事業、三宅1号線道路整備事業、社会資本整備総合交付金事業、交通安全対策事業、国営大和紀伊平野土地改良事業、三宅小学校空調設備設置事業に、計1億6千2百40万円の過疎債を充当しております。
 さらに、ソフト事業として、地域公共交通事業、UIターン促進事業、複合施設整備事業、防災計画改定業務、橋梁点検業務、橋梁長寿命化修繕計画策定業務、用途地域変更計画・調査業務、グローブ100周年事業、災害廃棄物処理計画策定業務、山辺・県北西部広域環境衛生組合市町村負担金、心身障がい者医療費助成事業、老人医療費助成事業、ひとり親家庭等医療費助成事業、乳幼児医療費助成事業に、5千50万円の過疎債を充当し、過疎対策事業として計画しているところでございます。
 なお、それぞれの具体的な数値目標については、各事業それぞれで完了目標を立てているものでございますが、各対策により直ぐに事業効果が見えるものではなく、現時点で人口減少現象から見た具体的な数値は、お示しすることはできません。
 次に、2点目、過疎の原因はそもそも何であったのかとの問いですが、
本町は昭和40年代の高度経済成長期の石見団地の宅地開発から、第2次ベビーブームの昭和45年から50年代にかけての東屏風地区、伴堂東地区等の宅地開発により、急激な人口増加が起こり、その後、バブル経済期直後の平成5年には人口のピークを迎え、その後、徐々に減少傾向になっています。
 さらに、近隣市町村と同様、若者の人口は減り続ける一方、老年人口は平均余命の延伸から一貫して増加を続け、平成25年には年少人口の2.16倍まで増えています。
 特に、平成25年度以降4年間のデータにて申し上げますと、総転入者数が914人、出生者数が131人、総転出者が1,015人、死亡者数が303人と人口が273人減少しており、平成10年度以降に徐々に減少している傾向と同様の傾向がみられることからも、一般的な過疎原因と同じく、若年層の転出過剰による社会的減少要因(△101人)とともに、未婚率の増加や晩婚化による出生率の低下や、高齢化からの若年世代の減少による自然的減少要因(△172人)が影響しているものと思われます。
 このことから、本町としては、基本構想の施策大綱である、子育て、産業、福祉、地域教育、
安心・安全と生活基盤、協働・行財政の6つの柱を基本としたまちづくりを目指すことが、本町の自立促進を図るために急務であると考えます。
 最後に、過疎の原因追及と対策の立案を今後どのように対処されるかとの問いですが、本年度、完成を迎えます総合計画により町が将来目指すべき姿として取り組みながら、今後は、議員おっしゃるように、近隣市町村の情報をさらに調査する中で人口減少の原因をより分析し、本過疎地域自立計画の活用から、立案と事業展開に活かして参りたいと考えております。

その後、再質問を行ないましたが、後で聞き返してみると、ぐたぐたな内容。

言いたかったことは、
・過疎対策に、これといった正解は無い。町長みずからが、リーダーシップを発揮して、「これで人口減を食い止める」といったシンプルかつ明確な施策を打ち出すべきである。

・とは言え、来期行なう予定の一つ一つの事業が過疎対策として働いているはず。それぞれの事業の最終ゴールは、過疎対策だという認識をみんなで持って、進めてほしい。

・過疎の原因追及は、簡単なものではない。外部のシンクタンク等に、ポンと出して答えが返ってくるものでもない。
 職員100名が、日々答えを出すべく考え、生活を送ることこそ、最短の道。その上で、外部のシンクタンク等も使って始めて答えが出るかもしれない。職員一人一人が、みずからの問題ととらえて取り組んでほしい。理事者は、そういう空気を役場内に作っていってほしい。

といったことだったのだが、

後日談)
 29年9月に発行された、都市計画マスタープランでは、結構分析がなされていた。
それを読んでいて、過疎対策は、石見は石見、三河は三河、伴堂は伴堂、といったようにそれぞれ異なるような気がしてきた。
町は、三宅町で一つの答えを出すのではなく、もっと小さなエリアで答えを求めていったほうが、正解を導き出しやすいのではないかとも思った次第です。



ごあいさつ
松本健(まつもと たけし)です。

町議会、自治会等を通して、

ずっと住み続けたい町

のために、自治、自立を目指した住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

--------

〒636-0211

奈良県磯城郡三宅町三河1-2

TEL. 090-8452-5455

E-mail. matsumo.take@gmail.com

プロフィール
松本 健(まつもと たけし)

松本健(まつもと たけし)

昭和37年11月12日生まれ
三宅小学校、式下中学校卒業の後、奈良県立畝傍高等学校を卒業。
昭和60年に大阪大学工学部を卒業ののち、民間企業に入社。
主に神奈川県川崎市でマイクロプロセッサの設計、開発に従事。
2011年5月、同社に26年間勤務の後、故郷三宅町に戻り現在に至る。
2016年7月より、町議会議員として活動を開始。
妻と小学生の子ども1人に高齢の父の4人暮らし。三河在住。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
月別アーカイブ
リンク
---
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる